白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介

白漢しろ彩で顔の赤みの悩みを解消できます。病院でも治らなかったのにホントに 効果があるのか、心配の方もいるかもしれませんが、白漢しろ彩について使い心地や 口コミ、効果など詳しく解説しているのでぜひのぞいてみてください。

白漢しろ彩を試すならこちら♡↓

白漢しろ彩

白漢しろ彩

なかなか治らない赤ら顔の改善策について

投稿日:

「ほおや鼻や鼻の周り、顔全体が赤くてとても恥ずかしい思いをしている」
「ほっぺが赤くて、田舎の子供みたい」
「赤ら顔で自信がなく、人と関わることに積極的になれない」

赤ら顔の悩みを持っているけど、どんな風に改善したらいいかわからなくて困っている人が多いです。

コンプレックスの原因が、つねに人から見られる顔にあるため、顔を隠し続けるワケにもいかず、深刻な悩みとなっています。

赤ら顔は病院での治療が難しく、顔が赤くなるのは体質だからとあきらめてしまう人もいます。

また赤ら顔なのか、アトピー性皮膚炎なのか、酒さなのかといった診断も難しいことから治療がうまくいかないケースあります。

しかし、自宅で赤ら顔を改善する方法もあり、赤ら顔の原因にそってケアしていくことで治せる方法があります。

赤ら顔の原因を知って、効果的に改善していく方法を紹介します。

 

赤ら顔のタイプや症状、特徴について

赤ら顔といっても原因はひとつではなく、いくつかあります。
いくつかの原因が同時におこっている場合もあり、治し方も異なる複雑な症状となっています。

 

○赤ら顔のタイプ1 血管の拡張による赤ら顔

血管の拡張による赤ら顔は、肌の下にある毛細血管が広がって、肌を通して透けて見えて赤ら顔となります。
血管の影響による赤ら顔はさらに2つのタイプにわかれます。

【皮膚の薄さで赤くなる】
顔の皮膚が薄く、顔に集中している毛細血管が膨張することで、赤ら顔となります。
肌が薄くなる原因は、まちがったスキンケアによって角質層が削れてしまうことが大きな原因です。

【赤面症】
対人恐怖症のひとつで人からどう思われるかという不安や恐怖からくる赤ら顔です。
またストレスや緊張、恥ずかしさで顔が赤くなることもあります。

顔が赤くなるのはストレスや緊張などで自律神経の交感神経が優位となり、汗が出たり、呼吸が浅くなるカラダの症状と同じで、特に顔が紅潮しやすい人に起こります。

○赤ら顔のタイプ2 皮膚が赤くなる赤ら顔

皮膚の炎症によって顔が赤くなるケースで、さらにタイプがわかれます。

【肌荒れ】
肌のつっぱり、かぶれ、かゆみ、皮がむける、粉吹きといった肌荒れによって顔が赤くなります。

【ニキビ】
顔に赤ニキビができると、炎症によって皮膚が赤くなります。
赤いニキビ跡が治ると元の肌色に戻りますが、治る前にまたニキビができると炎症で赤くなり、いつも肌が赤い状態となります。
この状態が続くと、色素沈着して赤ら顔となります。

【脂漏性皮膚炎】
皮脂が過剰に分泌されると肌にいるマラセチア菌が肌の炎症となる物質を出します。
その物質が原因で肌が炎症を起こし、顔が赤くなります。
鼻やTゾーンの皮脂の分泌が多い部分にできやすく、毛穴が広がってかゆみを伴う症状があります。

 

赤ら顔のタイプにはいくつかあり、さらに細分化され、原因がいくつもあることがわかります。

病院で診断するのも難しいことを自分で判断して、原因を特定するのは難しいですが、自分の肌は自分が一番よく知っています。

赤ら顔のタイプからだいたいの特徴に目安をつけて、改善していきましょう。

 

赤ら顔になってしまう原因

○体質による赤ら顔
先天的な体質によって赤ら顔になるタイプで、スキンケアによる改善が難しいです。
生まれつきの赤ら顔体質は、大人になるにつれて赤みが軽減されることもあります。

【自律神経の働きが原因】
緊張・ストレス・恥ずかしさで顔が真っ赤になります。
自律神経の働きで交感神経が活発化し、血管が拡張すると顔が赤くなります。
多少の顔の赤さなら問題ありませんが、真っ赤になってしまうと人から指摘されてしまうこともあるため、本人にとっては深刻な問題です。

【食生活での影響】
アルコールやタバコ、食べ物で顔が真っ赤になることもあります。
肌にとって刺激となるアルコール・タバコ・香辛料・コーヒーや紅茶といったものをとらないことで、赤ら顔の改善が期待できます。

 

○敏感肌による赤ら顔
生まれつきの体質による赤ら顔とはちがって、ふだんの生活の中で皮膚を薄くしたり、肌に刺激を与えてしまい、敏感肌となって赤ら顔になる場合があります。

毎日のスキンケアを改善することで赤ら顔を治しやすいタイプとなります。

【肌への刺激】
顔を洗う時に泡で洗っているつもりでも、手でこすっていたり、ついついマッサージをしたり、ピーリングを取り入れて肌を削っていることがあります。
毎日のスキンケアのため、このような行為が積み重なって皮膚が薄くなり、毛細血管が透けやすくなってしまうのです。

【脂漏性皮膚炎】
顔の皮脂が漏れるように出てベタベタのオイリーな肌になっている状態で、皮脂をエサとするマラセチア菌が原因です。
毎日の食事で脂をとり過ぎていることや生活習慣、ストレスで顔の皮脂の分泌が過剰になっています。
オイリー肌だからと顔の脂を取りすぎると、顔が削れて肌の表面を保護する保湿因子がなくなり、皮脂を多く分泌させる原因となります。

【ニキビ】
皮脂の分泌が過剰になり、アクネ菌によって肌が炎症し、ニキビができます。
くり返しニキビができると赤みが色素沈着して、赤ら顔の原因となります。

 

赤ら顔を改善するためのケア

赤ら顔が軽い症状の場合、毎日のスキンケアや食事に気をつけるだけでも顔の赤みが軽減できます。

洗顔は顔をゴシゴシこすらず、泡を濃密にして肌に直接手が触れないように洗いましょう。

洗顔後は、肌に刺激を与えない赤ら顔専用の化粧水でしっかり保湿するのがオススメです。

食生活は香辛料のような辛いものや塩気が強いもの、酸っぱいものなど刺激のあるものを食べるのを控えましょう。

お酒・タバコ・カフェインを含む飲み物も刺激を与えてしまいます。

また肌のためには睡眠がとても大事です。睡眠不足になると、内臓機能が落ち、肌に影響が出てしまいます。

肌への刺激が積み重なって赤ら顔となりやすいのです。体調を万全にすることで、肌の再生力も向上するので、赤ら顔を改善することができます。

赤ら顔が中程度から重症の場合、病院による適切な診断を受けて、治療をすることをオススメします。

赤ら顔の原因が複数の種類を併発している可能性があります。

病院による光治療やレーザー治療、硬化療法といった治療法で治療していけば、赤ら顔の改善につながります。

自宅で赤ら顔のケアをする時には、赤ら顔専用の化粧水があり、刺激が少なく、保湿力が高いのでオススメです。

血管の拡張を抑えてくれる成分や保湿成分、皮脂の分泌を抑える成分が入っているので、いろいろなタイプの赤ら顔の人が使える化粧水となっています。

自分の赤ら顔の特徴によって使い分けることもできます。

まずは自分の赤ら顔のタイプを見極めて、適切な治療をすることが赤ら顔改善の近道です。

まずはしろ彩をお試しするならコチラ♡↓

 

最新の口コミはコチラ♪

 

-白漢しろ彩
-

Copyright© 白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介 , 2018 All Rights Reserved.