白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介

白漢しろ彩で顔の赤みの悩みを解消できます。病院でも治らなかったのにホントに 効果があるのか、心配の方もいるかもしれませんが、白漢しろ彩について使い心地や 口コミ、効果など詳しく解説しているのでぜひのぞいてみてください。

白漢しろ彩を試すならこちら♡↓

白漢しろ彩

白漢しろ彩

気になる赤ら顔の治し方♪よく「顔赤い」と言われる人必見!

投稿日:

周りの人に「顔赤いけど大丈夫?」といわれるとさらに赤くなってしまう…

コンシーラーやファンデーションで顔の赤みを隠しても隠しきれない…

気温が高いと顔のほてりがひどくなって、夏でも冬でも顔が真っ赤になってしまう…

顔の赤みの部分が頬のあたりにあってお酒を飲んで酔っ払っているとまちがわれる…

赤ら顔だとこんな悩みが多くて、コンプレックスになっている方が多いですよね(・_;)

赤ら顔は顔の毛細血管が透けて見える赤ら顔と肌の炎症の赤ら顔の2種類があり、両方のタイプを併発していることもあるとても多い症状です。

赤ら顔の治し方は、自分の赤ら顔のタイプを知り、スキンケアを行っていくことで改善できます。

今回は赤ら顔の原因や改善方法を紹介していきます!一緒に確認して顔の赤みを薄くしていきましょう。

 

まずは赤ら顔の原因を知る

赤ら顔になってしまう原因には2種類あります。

毛細血管が広がり、肌に透けてみる症状で毛細血管拡張症といいます。
もうひとつはニキビや脂漏性皮膚炎で肌が炎症して赤ら顔になります。

自分がどちらのタイプか知るには?

☆毛細血管拡張症タイプ

毛細血管が細い1本の線や樹木の枝のような状態、くもの巣状になっている
外と室内の気温差が激しいとほてりや赤くなる
恥ずかしさ、緊張、ストレスで赤くなる
敏感肌または乾燥肌

☆肌の炎症で赤くなるタイプ

鼻や小鼻、鼻周り、鼻の下が赤い
顔に湿疹のようなブツブツがある
肌が炎症して赤くなっている部分は化粧水などを塗るとピリピリした刺激がある
肌が脂性でギトギトしている

あてはまる症状が多いほうが赤ら顔のタイプとなりますが、両方の症状がある場合は毛細血管拡張症と肌の炎症が併発していることになります。

自分の赤ら顔の症状が確認できたら、毎日のスキンケアやふだん気をつけることを見ていきます。

毛細血管拡張症で気をつけること

毛細血管拡張症の原因がはっきりしていないため、病院の医師でも治すことが難しいです。

自律神経のうち、日中に働く交感神経が乱れ、血管が拡張しっぱなしになってしまうことや、気温差のある場所の行き来が多いと毛細血管拡張症になりやすいといわれています。

病院や美容皮膚科でのレーザー治療やフォトフェイシャルで治療することもできますが、治療費が高いのでハードルが高いですよね(´・ω・`)

しかし、顔の赤みを改善するために自宅でできることもあります。
ぜひ次のことに気をつけて赤ら顔対策をしてみてください。

 

○寒暖差のある季節に注意する

夏や冬に外とエアコンの効いた室内に行き来していると毛細血管が収縮と拡張をくり返し、皮膚の温度調整をしている自律神経が乱れ、毛細血管が開きっぱなしになってしまいます。

夏は顔がほてらないように扇風機やうちわ、扇子を使ってエアコンの利用を少なくする。
冬はカラダを冷やさないように帽子・マスク・マフラーで顔をおおいます。

○自律神経が乱れないようにする

自律神経のうちの交感神経は日中に活発に動いている時に働く神経ですが、ストレスがある時も活発に働き、自律神経が乱れる原因となります。

カラオケで歌ったり、軽い運動や好きなアーティストのライブでストレスを発散して自律神経を乱さないように気をつけましょう。

○腸内環境を悪化させない

便秘がちで腸内に便が溜まっていると、発酵・腐敗が進み有害物質やガスが出やすくなります。

便秘のために出口が塞がれているので有害物質やガスは腸壁から血中に溶け出して全身へと行き渡り、肌トラブルが起きます。

○刺激物は控える

唐辛子やこしょう・ニンニクのような香辛料、カレー、アルコール・カフェインの多い飲み物は血流を悪くします。
特にアルコールは血管を広げてしまうのでぜひ控えてください。

毛細血管拡張症の方は肌が薄く、血液の色素が透けて赤くなりやすいため、まちがったスキンケアをしているとどんどん肌が薄くなって赤ら顔も悪化します。

刺激の強いスクラブやピーリング、保湿成分をとってしまうので使ってはいけません!

洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料も、保湿成分が流出して肌の角質層が削れてしまうので、メイクを薄くしたり、洗顔石けんで落ちるファンデーションにして肌への負担を減らしてみてください。

肌の炎症で赤くなるタイプの方が気をつけること

肌の赤みがある炎症は皮膚が薄いため、少しの刺激が肌にダメージを与えてしまいます。

肌が薄いと毛細血管が透けて見えやすくなるだけでなく、肌の細胞の働きが低下してニキビや肌荒れが起こります。

肌が炎症して赤みやかゆみが起きてしまうと、なかなか治らなくなってしまうので刺激にも強い肌に育てる必要があります。

肌を厚く育てるには肌が水分を保てるようにバリア機能を回復させることです。

肌が薄くなってしまったのは、毎日のスキンケアがまちがっていることが多いため、スキンケアの見直しをしてください。

洗顔は無添加の洗顔石けんを使って、32~35℃のぬるま湯で洗い流します。
化粧水は保水能力の高いセラミドを配合しているものを選びます。

毎日のスキンケアですぐに肌の赤みやかゆみが治るわけではありませんが、根気よく続けて改善してみてください。

白漢しろ彩で赤みの少ない肌を目指そう!

白漢しろ彩は毛細血管拡張症タイプ、肌の炎症タイプのどちらでも使える赤ら顔専用化粧水です。

毛細血管に働きかけるプランクトンエキスや肌の炎症を抑える和漢植物エキス、皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンC誘導体配合で、肌の刺激になるようなアルコール・鉱物油・香料・着色料・フェノキシエタノール・パラベンは使っていません。

赤ら顔の方でもピリピリとした刺激がないのが特徴です。

どちらのタイプの赤ら顔にも必要な肌の保湿に関しても、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンでしっかり保湿、ラメラ構造で抜群の浸透力があります。

白漢しろ彩で赤みの少ないキレイな肌を目指してみてください♪

まずはしろ彩をお試しするならコチラ♡↓

白漢しろ彩

-白漢しろ彩
-

Copyright© 白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介 , 2017 All Rights Reserved.