白漢しろ彩を試すならこちら♡↓

白漢しろ彩

白漢しろ彩

赤ら顔を改善するためのスキンケアを紹介

更新日:

赤ら顔で人前に出ると、「顔赤いよ」と言われてたり、不健康そうに見えて印象が悪かったり、お酒を飲んだように見えたりして困りますよね。

メイクで隠しても、時間が経つと目立ってしまい、他人はそんなに気にしていなくても自分ではとても気になってしまうので、悩みの種となっている人が多いです。

赤ら顔ってどうやったら治るんでしょうか。普通のスキンケアではダメ?

この記事では、赤ら顔のスキンケア方法やふだん気をつけるべきことなど、自宅でできる赤ら顔のケアについて紹介していきます。

 

赤ら顔のスキンケアって特別なことするの?

赤ら顔といっても、赤ら顔になってしまう原因はいろいろあり、赤ら顔のタイプにも種類があります。

○血液の巡りが悪く、血液が透けて見える毛細血管拡張症の赤ら顔タイプ
○皮膚が薄く、敏感肌で乾燥しやすい皮膚の炎症タイプ
○皮脂の分泌が過剰になっているオイリー肌タイプ

赤ら顔の原因によってスキンケア方法が違うので、赤ら顔の改善には原因を知ることが大事です。

毛細血管拡張タイプの赤ら顔のスキンケア法

赤ら顔の原因で一番多いといわれているのが、毛細血管が拡張し、血液が透けて見える毛細血管拡張タイプの赤ら顔です。

毛細血管拡張症とも呼ばれる赤ら顔は、皮膚の表面から二番目に存在する真皮層に張り巡らされている毛細血管が広がり、血流が滞留することで、血液が肌に透けて顔が赤く見える状態です。

真皮層には毛細血管が集中しており、自律神経の働きで毛細血管を広がったり、狭まったりします。

自律神経が乱れて毛細血管が広がったままになると血流量が増えて、血液が大量に流れ込み、とどまってしまいます。

とどまった血液が皮膚の表面に透けて赤くなる状態を毛細血管拡張症といいます。

毛細血管拡張症タイプの人が自宅でできるスキンケアや赤み対策として次のようなことを気をつけてみてください。

☆皮膚に刺激を与える飲食物を控える
胡椒や唐辛子のような香辛料、カフェイン・アルコールなどの刺激のある飲み物は血流が増えて毛細血管に血液が滞留しやすくなります。
赤ら顔が目立ってしまうので、摂取しないのが無難です。

☆自律神経を乱さないようにする
自律神経が乱れると毛細血管の拡張や収縮が調整できなくなり、毛細血管が拡張しっぱなしになってしまいます。
交感神経が高まったままでいると自律神経が乱れます。活発に動いている時だけでなく、ストレスがかかっているときにも交感神経が優位になるので、ストレスをためないことが大事です。
不規則な生活や睡眠時間が短いことも自律神経が乱れる原因となるので、規則正しい生活をするように心がけます。

☆腸内環境の改善
腸内環境が悪く、便秘がちだと便から腐敗した際に出る有毒ガスが腸壁から血液に取り込まれると全身を巡ります。
そのため、肌荒れなどのトラブルが起き、赤ら顔を悪化させます。腸内環境を整えるため、腸内細菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を積極的にとっていきましょう。

☆毛細血管拡張症のスキンケア
毛細血管拡張症で顔が赤く見えるのは、肌が薄く、毛細血管が透けて見えることが原因です。
毎日のスキンケアでゴシゴシ顔を洗ったり、クレンジングで皮膚に必要な角質を削ってしまい、肌が薄くなってしまいます。
また添加物の入った化粧品も肌に刺激があるため、皮膚が薄くなる原因となります。

肌を厚くするには、保湿が重要です。洗顔後のスキンケアに保湿成分であるセラミドが入った保湿剤を使って、肌の水分を逃がさないようにしましょう。
赤ら顔のための専用化粧水「白漢しろ彩」は保湿成分セラミドを配合し、毛細血管の拡張を調整してくれる成分も入っています。

 

皮膚が薄い人のスキンケア法

皮膚が薄くなってしまうのは、毎日のスキンケア法がまちがっていたり、加齢とともに女性ホルモンが減少し、肌のバリア機能が低下して、皮膚が水分を保てなくなることによって皮膚が薄くなります。

皮膚の薄さをこれ以上悪化させないためには、ふだんのスキンケアを見直してみましょう。

洗顔のしすぎ、ピーリングのやりすぎ、強すぎるクレンジング剤で肌に必要な皮脂を洗い流してしまい、肌の水分を逃しています。

洗顔料は洗浄力の強いものを選ばないことはもちろん、添加物の入っていないものを選んだり、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が入ったものを使ってください。

洗顔時の注意点として、濃密な泡を作り、たっぷり顔につけて手で顔をこすらないように洗います。

泡を洗い流す時のお湯の温度は30~32℃が、ちょうどよい温度です。

オイリー肌の人のスキンケア法

オイリー肌の人は毛穴から皮脂が過剰に分泌されてベタッとした肌になっています。
皮脂の分泌が多く、オイリー肌になると皮膚が炎症し、脂漏性皮膚炎になって赤ら顔となってしまう可能性が大きいです。

また毛穴に皮脂が詰まりやすいので、アクネ菌によってニキビができやすく、ニキビの赤みが色素沈着することによって、赤ら顔となることもあります。

このようにオイリー肌は赤ら顔の原因の一つといっても過言ではありません。

オイリー肌の人のスキンケア法として、まずは過剰な皮脂の分泌を抑えて、正常にすることが重要です。

洗顔で皮脂の分泌を抑えることはできませんので、ビタミンC誘導体の入った化粧水を使い、皮脂の分泌を抑えてしっかり保湿します。

「白漢しろ彩」はビタミンC誘導体に保湿成分であるセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸が入った化粧水なので、オイリー肌の赤ら顔の方にピッタリです。

3つのタイプによる赤ら顔のスキンケア法を紹介しました。
「白漢しろ彩」は赤ら顔専用の化粧水なので、毛細血管拡張症タイプ・皮膚が薄いタイプ・オイリー肌タイプの赤ら顔の人が使える化粧水となっています。
気になる人は、ぜひ試してみてください。

まずはしろ彩をお試しするならコチラ♡↓

 

最新の口コミはコチラ♪

 

-白漢しろ彩
-

Copyright© 白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介 , 2018 All Rights Reserved.