白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介

白漢しろ彩で顔の赤みの悩みを解消できます。病院でも治らなかったのにホントに 効果があるのか、心配の方もいるかもしれませんが、白漢しろ彩について使い心地や 口コミ、効果など詳しく解説しているのでぜひのぞいてみてください。

白漢しろ彩を試すならこちら♡↓

白漢しろ彩

白漢しろ彩

アトピーで赤ら顔になったらどうすればいいの?

投稿日:

赤ら顔にはいろいろなタイプがありますが、アトピーによる赤ら顔は、かゆくてツライですよね。

子供の時はなんともなかったのに、大人になってからアトピーのかゆみで悩んでしまうなんて…。

小さい時にかかるものだと思われているアトピー性皮膚炎は、大人になってからかかったり、治っても再発することがあります。

大人になってからのアトピーは、炎症がひどく顔が赤くなりやすいです。

アトピーで赤ら顔になってしまった時の対処法や原因についてまとめます。

 

 

アトピー性皮膚炎になる原因

大人になってからのアトピー性皮膚炎の原因は、解明されていない部分もありますが、環境がいろいろ重なり要因となって起こっています。

アトピー性皮膚炎の原因はひとつとは限らず、多くの要因が重なって起こる病気です。

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が良くなったり、悪くなったりをくり返します。

家族がアレルギーを持っていたり、アレルギー症状を引き起こす免疫物質を作りやすい体質であるとアトピー性皮膚炎を発症しやすいです。

アレルギーを起こしやすい体質に加え、皮膚のバリア機能が低下し、アレルギーの原因となる物質に触れたり、体内に入った時などの環境が原因となって起こります。

ただ、アトピー性皮膚炎の症状の程度は個人差があり、体調や精神状態によって症状が出る時と出ない時があります。

いくつもの要因が重なっているため、原因の特定が難しい病気でもあります。

○アトピー性皮膚炎の体質による要因
本人や家族がアレルギーを持っている
(アレルギー性鼻炎・結膜炎・喘息・アトピー性皮膚炎・花粉症など)
IgE抗体を作りやすい体質である

○環境による要因
アレルギー症状を起こす物質(アレルゲン)
そば・卵・小麦粉などの食べ物、ほこりなどのハウスダスト、ダニ、花粉、猫や犬などの動物の毛

肌の乾燥によるかゆみ、汗、衣類の摩擦、洗剤、洗顔料、化粧品

 

アトピーで赤ら顔になる原因

体質や環境によって起きたアトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症でかゆみがあります。

皮膚のバリア機能の低下によって、乾燥した肌に刺激が加わると真っ赤になったり、腫れたりして、ひどいかゆみが生じます。

炎症による皮膚のかゆみでかきむしってしまうと、引っ掻いた刺激により炎症が悪化してしまいます。

引っかき傷から細菌が入ったり、かきむしることで肌の角質層を削り、肌の新陳代謝の周期が早くなります。

このことで成長途中の細胞が肌の表面に出て、すぐにはがれてしまうので角質層の厚みがなくなって、肌が薄くなり、毛細血管が透けて、顔が赤くなってしまいます。

皮膚のバリア機能は、外部からの雑菌や、空気の汚れ、ほこりなどが入らないようになっており、肌の水分を逃さないようにする重要な機能です。

肌の一番表面にある角層がバリア機能を担当しており、アトピー性皮膚炎は肌のバリア機能が低下しています。

角層にある角質細胞間脂質であるセラミドや水分を吸収したり、保持したりする天然保湿因子が減っているのです。

そのため角質細胞の間から雑菌が入ったり、皮膚への刺激を受けやすくなります。

皮膚から雑菌が入ると、カラダの外へ排出しようとする免疫細胞とくっつき、ヒスタミンを分泌して肌の炎症が起こるのです。

皮膚の炎症でかゆみが生じ、かきむしってバリア機能が低下した皮膚は、少しの刺激でもかゆくなり、さらにかいてバリア機能が壊されるという悪循環になっていきます。

アトピー性皮膚炎は子供のころに発症し、大人になるにつれて治っていきますが、大人になっても治らなかったり、治っても再発することがあります。

再発してしまった場合、治りにくく、6ヶ月以上皮膚の乾燥が目立ち、湿疹ができるとアトピー性皮膚炎といわれています。

 

アトピーによる赤ら顔を改善する方法

アトピーの赤ら顔は、バリア機能が低下した皮膚に刺激が加わり、毛細血管が炎症して拡張するので、血液が滞ります。

血液の赤みが肌に透けて赤ら顔となるので、血液やリンパ液の流れが悪い状態です。

アトピーの赤ら顔は、顔に血がのぼって、血液が滞っているので、顔のケアだけでなく、全身の血液循環を改善しないといけないのです。

カラダ全体が血行不良だと全身に栄養が届かなくなります。
細胞の新陳代謝も低下して、肌のターンオーバーもスムーズに行われなくなります。

アトピー性皮膚炎の人は血行不良の傾向があり、カラダが冷えやすく、肌が乾燥しやすい特徴があります。

血流が悪いとカラダの中に老廃物や毒素がたまりやすく、全身に循環してしまうのでアトピーの症状が悪化し、肌が荒れてしまいます。

アトピー性皮膚炎を根本的に改善するには、筋肉を増やして鍛えること!

筋肉を鍛えることによって、血行を促進し、糖や脂質を使ってエネルギーを消費するので代謝もアップします。

筋肉を動かして運動をすれば、熱も生み出し、カラダが冷えるのも解消してくれます。

筋肉トレーニングをして、血行促進、新陳代謝を活発にするだけでなく、成長ホルモンの分泌を高めることもできます。

成長ホルモンは、カラダのさまざまな組織の修復や再生をする働きがあり、肌の老廃物を取り除き、新陳代謝を活発にしたり、ターンオーバーをスムーズにする働きがあります。

アトピー性皮膚炎のかゆみからくる悪循環を断ち切るためには、筋肉を増やして鍛えることで血液循環や新陳代謝を改善してくれます。

皮膚のケアばかりでなく、カラダ全体を見直してぜひ取り組んでみてください。

-白漢しろ彩
-

Copyright© 白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介 , 2017 All Rights Reserved.