白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介

白漢しろ彩で顔の赤みの悩みを解消できます。病院でも治らなかったのにホントに 効果があるのか、心配の方もいるかもしれませんが、白漢しろ彩について使い心地や 口コミ、効果など詳しく解説しているのでぜひのぞいてみてください。

白漢しろ彩を試すならこちら♡↓

白漢しろ彩

白漢しろ彩

しろ彩に副作用があるか知りたい!

更新日:

ほほや鼻、Tゾーン、あごなど顔が赤くなってしまう赤ら顔や毛細血管の拡張やほてりを伴う酒さの症状のための専用化粧水が白漢しろ彩です。

顔に化粧水をつけて毎日スキンケアをするので、白漢しろ彩に含まれている成分でピリピリした刺激やムズムズするかゆみなどが起きないか副作用が心配ですよね。

敏感肌の方にも使用して肌荒れや刺激が起きない実証試験済みの白漢しろ彩ですが、ホントにしろ彩の副作用がないのか成分や口コミをチェックしてみました!

白漢しろ彩は無添加処方♪

肌への刺激に弱い乾燥肌や敏感肌の方でも毎日のスキンケア化粧水として使える白漢しろ彩は、無添加処方です。

○アルコール
○パラベン
○フェノキシエタノール
○香料
○着色料
○鉱物油

これらの成分を一切使っていません。

でも口コミの中には「1回使ったらピリピリした」とか白漢しろ彩の説明書にも「肌がピリピリするけど大丈夫?」などの声がありました。

白漢しろ彩を使っているうちに刺激を感じなくなったという声があるということですが、なんだか心配ですよね(´;ω;`)

そこで乾燥肌や敏感肌で赤ら顔になってしまう方でもホントに大丈夫なのか?白漢しろ彩の成分をチェックしてみました。

白漢しろ彩で気になるのは?

白漢しろ彩で気になる成分は、合成界面活性剤や合成ポリマーです。

界面活性剤とは、水と油の性質を持った成分で混ざり合うことのない水と油を混ざりやすくしてくれます。

化粧品の水分と油分を混ぜ合わせるためにたくさんの化粧品に配合されています。

合成界面活性剤が肌によくないといわれるのは、肌に必要な皮脂膜を落として肌のバリア機能を低下させてしまうためです。

でもすべての合成界面活性剤が肌に悪い成分というわけではないんです。

化粧水に含まれている合成界面活性剤の場合、配合されている目的が水分と油分を混ぜ合わせるため、必要な皮脂を落としすぎることがありません。

なので気にしすぎることはありませんが、念のため白漢しろ彩に含まれている合成界面活性剤について一緒に見ていきましょう。

☆ステアリン酸グリセリル
水と油を混ぜ合わせる作用が高い成分で、乳液やクリームなどたくさんのスキンケア化粧品に配合されています。
皮膚への刺激や毒性がなく、肌につけてもアレルギー反応のない安全性の高い成分です。

☆PPG-6デシルテトラデセス-30
水と油を混ぜ合わせる作用に優れた成分で化粧水や乳液、クリームなどのスキンケア化粧品に使われている成分です。

☆PEG-60水添ヒマシ油
合成界面活性剤の中でも肌への刺激が少なく、一番安全性の高い成分として古くから使われている成分です。
肌につけると被膜を作って水分の蒸発を防いでくれます。

 

合成ポリマーについて

合成ポリマーはメイクの持ちをよくするために使われ、一時的に肌にハリが出てシワが消えたり、肌が潤ったように感じます。

肌への刺激が少ないため敏感肌の化粧品にも配合されていることが多いです。
合成ポリマーを化粧水に配合すると肌がすべすべになって使用感がよくなりますが、やっぱり避けたほうがいいのか気になりますよね。

白漢しろ彩に使われている合成ポリマーについても調べてみました。

☆アクリレーツ/アクリル酸アルキル クロスポリマー
水につけるとダマにならずすばやく溶ける水溶性増粘剤です。
ヒアルロン酸やキサンタンガムと同じように水に溶けるため、化粧品に配合されていても安全性の高い成分です。
水溶性ポリマーは網目状になっていて密封性がないので皮膚呼吸をジャマしたり、毛穴を詰まらせたりすることがなく、洗顔で洗い流されてしまうので皮膚の常在菌に影響を与えません。

 

シリコーンについて

シリコーンは元々安全性の高い成分で、蒸発しやすいものや水を弾くものなどいろいろあります。
皮膚に入り込んでも性質が変わることが少ないので医療用途としても使われています。

白漢しろ彩に使われているシリコーンはこちら↓

☆シクロヘキサシロキサン
肌をツルツルにし、サラッとした軽い使用感で肌へのベタつきを防いでくれます。
肌につけても2、3時間で蒸発してしまうため肌に残らずサッパリした使い心地です。

☆ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン
刺激がなく、すべすべの皮膚膜を作ります。肌がなめらかになるシリコーン油です。
アレルギー反応を起こしにくく安全性が高い成分です。

白漢しろ彩は品質実証済みの化粧水♪

赤ら顔の化粧品選びではなるべく界面活性剤や防腐剤などが入ってないものを選ぶべきですが、界面活性剤を使わないと使い心地がよくなかったり、使うたびに水分と油分を混ぜるために振ったりしなくてはなりません。

白漢しろ彩は敏感肌の方が使っても93%の方が肌荒れや刺激がなかったと高評価をもらっていますし、あとの7%の方もほぼ肌荒れや刺激がないという実験結果が出ています。

白漢しろ彩に入っている界面活性剤やポリマーで肌への刺激が心配な方は、二の腕の柔らかい肌でパッチテストをしてから使ってみる方法もあります。

安全性の高い成分で使いやすく作られた赤ら顔専用化粧水、白漢しろ彩でぜひ顔の赤みを解消してくださいね(・∀・)

-白漢しろ彩
-

Copyright© 白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介 , 2017 All Rights Reserved.