白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介

白漢しろ彩で顔の赤みの悩みを解消できます。病院でも治らなかったのにホントに 効果があるのか、心配の方もいるかもしれませんが、白漢しろ彩について使い心地や 口コミ、効果など詳しく解説しているのでぜひのぞいてみてください。

白漢しろ彩を試すならこちら♡↓

白漢しろ彩

白漢しろ彩

しろ彩で小鼻の赤みを減らせる?

投稿日:

小鼻の赤みって泣いた後に見えたり、お酒好きなイメージがあったりして、あまりいい印象を与えてくれないですよね。

ちょっとした赤みだったら自然に治まると思って放置していると、なかなか治らず、赤みが増しているといった症状に悩んでいる女性が多くなっています。

痛くもかゆくもないのに赤くなっているいうのは、メイクで隠せるとしても気になるところ。
小鼻が赤くなってしまう原因や対策について徹底分析してみます。

 

なんで小鼻が赤くなっちゃうの?

小鼻が赤くなってしまう原因はひとつだけではなく、いろいろな要因が重なって赤みが出るんです。

小鼻の赤みの原因は大きくわけて5つ!症状によって対策も違ってくるので小鼻の赤みがどの症状にあてはまるのか、しっかり確認してみてください。

1 生まれつきの体質による赤み
肌の色が白かったり、表皮の角質層が薄い、毛細血管が透けて見えるなどの理由で引き起こされる体質的な原因。

小鼻の赤みを見ると血管がクモの巣のようになっていたり、赤みが消えたことがない、顔全体も赤くなりやすいといった方は、体質による赤みとなります。

体質による赤みは、自分で体質を改善することが難しく、赤みを一時的に減らす対症療法となります。

2 炎症による赤み
小鼻の赤みで一番多いのが、触りすぎや洗顔の時の摩擦で刺激となり、炎症を起こして赤くなることです。

肌の乾燥・肌に合わない化粧品を使っている・スキンケアのしすぎ・鼻のかみすぎ・鼻の触りすぎ・赤みを隠すためファンデーションを厚く塗るといった行為が小鼻の炎症を招きます。

鼻は皮脂や毛穴の汚れが残りやすいので、ゴシゴシとチカラを入れて洗ってしまいがちですが、あんまりやり過ぎると皮膚への刺激となって炎症を起こして赤くなります。

鼻パックで鼻の毛穴のケアをするのも、ムリに角栓をとり、毛穴を広げ、また皮脂や汚れがたまりやすくなり、ゴシゴシ洗うといった悪循環になりやすいです。
鼻のケアのしすぎで小鼻の赤みにつながってしまいます。

3 毛細血管拡張症による赤み
毛細血管拡張症は、原因がはっきりとわかっているワケではありませんが、自律神経のうちの交感神経が優位になりっぱなしで、いつも毛細血管が広がったままの状態です。
血管が広がると血流が多くなり、血管内に滞って皮膚に透けて赤みが出てきます。

4 脂漏性皮膚炎による赤み
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が過剰になり、皮脂をエサとするマラセチア真菌が異常に増殖してその分泌物が皮膚への刺激となり、炎症を起こして赤くなります。

皮膚がカサついてポロポロはがれたり、小鼻の赤みがかゆい、赤みが出たり消えたりしている、といった症状がある場合脂漏性皮膚炎であると考えられます。

5 アトピーでステロイド剤の使用による赤み
アトピー性皮膚炎の治療薬としてステロイド剤を使っていると、副作用として毛細血管が拡張し、赤みが出ることがあります。
この症状を酒さ様皮膚炎といい、ひどくなると赤みだけでなく、顔のほてりや水疱ができることもあります。

小鼻の赤みの対策

1 生まれつきの体質による赤みの対策
体質による小鼻や顔の赤みは、根本的に症状を治すことは難しいです。
赤みを軽減したい場合は、皮膚が薄い方は角質層を厚くする保湿を重視したり、毛細血管の広がりを調整する成分の入った化粧水などで定期的にケアしていくようになります。

2 炎症による赤みの対策
炎症による赤みは、ふだんの生活の中のスキンケアや鼻を触りすぎる行為が原因のため、鼻のケアをしすぎないことが大切です。

でも小鼻が赤いと気になって触ってしまったり、メイクで隠したりして鼻をかまいすぎてしまうので、炎症を抑えるためには、刺激が少なく、炎症を抑える成分を配合した化粧水を使ってみましょう。

また必要以上に鼻を触らないようにし、洗顔する時にはゴシゴシ洗わず、泡で優しく洗ってください。
炎症が治まるまでは、メイクで厚塗りせず、清潔なコットンやパフで鼻をキレイに保つようにしましょう。

小鼻の赤みの炎症を抑えるために使う化粧水は、添加物の少ない刺激の弱い化粧水で、「白漢しろ彩」は赤みに特化した化粧水なのでピッタリです。

3 毛細血管拡張症による赤みの対策
毛細血管拡張症ははっきりとした原因がわからないため、赤みの症状を根本的に治すのは難しいですが、自律神経の乱れを改善するような生活習慣をつけることで症状を和らげることができます。

ストレスがたまると交感神経が優位になるので、ストレスを発散したり、気温差が激しくならないようにエアコンの使い方を工夫したりして自律神経を乱さないようにしてみましょう。

毛細血管の拡張を抑えるために、赤み専用の化粧水白漢しろ彩で赤みを少しでも和らげることができます。

しろ彩には毛細血管の拡張を調整してくれるプランクトンエキスが配合されていて、プランクトンエキスによる赤みの軽減実験で結果を出している成分なので、生活習慣の見直しとともにスキンケアに取り入れるのがオススメです。

4 脂漏性皮膚炎による赤みの対策
脂漏性皮膚炎は、マラセチア真菌とよばれるカビの一種が繁殖することで起こるため、菌を減らすための抗真菌薬を処方してもらい、マラセチア真菌の活性を抑えたり、炎症を鎮めたりしなければなりません。

またマラセチア真菌のエサである皮脂の分泌を正常にしなければならないので、皮脂の分泌を多くするような肉の脂身や揚げ物を控えて、野菜を多く食べることが必要です。

5 アトピーでステロイド剤の使用による赤みの対策
酒さ様皮膚炎はステロイド剤の副作用によってできる症状なので、ステロイド剤を使わなければ赤みの症状が改善していきますが、脱ステロイドでアトピー性皮膚炎が再発してしまうこともあります。

酒さ様皮膚炎の症状も軽度のものから重症のものまでいろいろな肌の状態がありますので、ステロイド剤の中止や少なくする場合は医師と相談しましょう。

小鼻の赤みの原因と対策について紹介してきました。

アットコスメでも顔や小鼻の赤みが軽減したと多くの口コミが寄せられている「白漢しろ彩」は、赤み専用の化粧水です。

毛細血管の拡張を収縮させる成分や皮膚の炎症を抑える成分を配合しています。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

まずはしろ彩をお試しするならコチラ♡↓

 

最新の口コミはコチラ♪

 

-白漢しろ彩
-

Copyright© 白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介 , 2018 All Rights Reserved.