白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介

白漢しろ彩で顔の赤みの悩みを解消できます。病院でも治らなかったのにホントに 効果があるのか、心配の方もいるかもしれませんが、白漢しろ彩について使い心地や 口コミ、効果など詳しく解説しているのでぜひのぞいてみてください。

白漢しろ彩を試すならこちら♡↓

白漢しろ彩

白漢しろ彩

しろ彩とウルウの成分や効果で違いを検証!

更新日:

数年前までは赤ら顔や酒さなどの肌の赤みに関することはあまり知られていなくて、乾燥しやすい肌に使える化粧品は限られていました。

最近では赤ら顔の改善、肌の赤みを抑えてくれる化粧品が出てきて選択肢が増えることはうれしいことですよね。

赤ら顔や酒さなど肌の赤みを抑えてくれる化粧品として人気があり、比較されているのが白漢しろ彩とウルウ(ULU)シェイクモイストミルクです。

白漢しろ彩は少しとろみのあるテクスチャーの化粧水で、ウルウはシェイクモイストミルクとありますが、さらさらとした化粧水のようなウルウ1本で保湿ができるオールインワン化粧品です。

どちらも肌の赤みを改善する赤ら顔のための専用化粧水ですが、配合されている成分が全く違います。

しろ彩の全成分
水・BG・グリセリン・ベタイン・DPG・1,2-ヘキサンジオール・プランクトンエキス・アルギニン・クエン酸Na・シクロヘキサシロキサン・(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー・ステアリン酸グリセリル(SE)・オクタカプリル酸ポリグリセリル-6・リン酸アスコルビルMg・PEG-60水添ヒマシ油・プラセンタエキス・グリコシルトレハロース・テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル・ステアリルアルコール・ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン・PPG-6デシルテトラデセス-30・加水分解水添デンプン・ベヘン酸・ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)・クエン酸・メタリン酸Na・酢酸トコフェロール・キサンタンガム・エチルヘキシルグリセリン・トコフェロール・ポリ-ε-リシン・シクロペンタシロキサン、ヒアルロン酸Na・水溶性コラーゲン・センキュウエキス・ショウガ根茎エキス・セラミドNG・カンゾウ葉エキス・セラミドNP・ブクリョウエキス

ウルウの全成分
水・スクワラン・トレハロース・セラミド2・セラミド6Ⅱ・セラミド3・セラミド5・セラミド1・ヒアルロン酸Na・タンブリッサトリコフィラ葉エキス・ホホバ種子油・ノバラ油・ダイズステロール・水添レシチン

このように配合成分そのものがまるで違いますし、成分の数もかなり違います。全成分から見る効果の違いはというと・・・

しろ彩は敏感肌や皮脂の分泌が多い、皮膚が薄いといった肌質の方の化粧水で、肌へのちょっとした刺激でも反応して炎症を起こしてしまう方にマッチしています。

わずかな刺激で血管が炎症を起こして肌が赤くなってしまうため、しろ彩を使えば血管に働きかけてくれる成分で赤みを軽減する効果が期待できます。

ウルウはセラミドやヒアルロン酸といった保湿を主な目的としたオールインワン化粧水となっています。肌の赤みに保湿は大事ですが、肌の赤みへアプローチするような決め手となるような成分が見当たらないですね。

どちらの商品も肌へ刺激になるような成分は配合していません。またウルウは美容成分100%の完全無添加化粧品ですし、しろ彩も無添加化粧品で敏感肌の方が使っても肌荒れや刺激がなかった方が93%という臨床試験結果が出ています。

しろ彩とウルウを比べるとどちらがいいの?

赤ら顔に効果的なアイテムがいろいろ出てきたことで改善できる方法があるというのはうれしいことですが、化粧品の種類がいくつかあることでどのように選んだらいいか迷ってしまいますよね。

赤ら顔専用化粧水でよく比べられている白漢しろ彩とウルウシェイクモイストミルクではどちらを使ってみたらいいでしょうか?これはもちろん、しろ彩かウルウを選ぶのか、または違う商品を使うのかはあなたが最終的に決めることではありますが、しろ彩とウルウについてまとめてみますので参考にしてみてくださいね。

しろ彩もウルウも公式サイトを見てみるとこだわりの美容成分で肌の赤みへアプローチすることが紹介されています。どちらの商品も肌への刺激の少ない無添加化粧品でほとんど差がありません。

どちらかと言えば白漢しろ彩は肌が赤くなる原因である血管の広がりにアプローチして実証試験を行い赤みが軽減できた結果や敏感肌でも皮膚科医の厳しい評価によって肌荒れや刺激が見られないという臨床評価をしている点で安心して使えるのではないかと考えられます。

ウルウはオールインワン化粧品なので1本だけでスキンケアができますが、肌が赤くなってしまうのは乾燥しやすい肌なので塗った時だけ保湿できても、時間がたつと保湿がキープされないことが考えられるため、ウルウを塗った後に乳液や美容液でフタをしたほうが潤いがキープできるのではないでしょうか。

ウルウの口コミの中に「冬はウルウ1本だけでは不安だったので乳液も使っていた」「潤いが足りず何回も重ねづけした」というものがあり、やはりウルウの後の乳液や美容液は必要なようですね。

このように個人的にはウルウよりしろ彩のほうが成分がバランス良く配合され、肌の赤みへのアプローチが的確ですし、実証試験によって作用と品質は確かに証明されているのでしろ彩がおすすめということになりますね。

まずはしろ彩をお試しするならコチラ♡↓

白漢しろ彩

-白漢しろ彩
-,

Copyright© 白漢しろ彩で赤ら顔の悩みを改善!口コミや効果、治し方を紹介 , 2017 All Rights Reserved.